en cochi blog靭公園から徒歩1分の彫金教室en cochiからのおしらせや彫金教室で作ったものを載せています。 en cochiが運営するマリッジリング・ペアリングブランドのmina.jewelryの新作などのお知らせもしています。

| VIEW | CALENDAR | ADMIN | TAGS | ARCHIVES |
屋号を切り抜く!! 9 years ago
三輪ビル文化祭に向けて、いよいよ僕の出番がやってきましたよ。

看板を作りなおすというのは前に書いたんですが、屋号をただ板に書くんじゃなくて、

メラニン板を切り抜いて立体文字にすることになったんです。

そこで僕の彫金の基本の基本、糸ノコで切るという技術が生かされるわけです。

その前に現状を見てもらいましょうか。。


R0018308.JPG

ボロボロです。ペンキは剥げ、屋号は書かれず、空室はないのに貸室の文字が…。

しかもよく見ると電話番号3桁-4桁だし。4桁-4桁に変わったのずいぶん前のような記憶があるんですが。

まあとにかく悲惨な状態です。


R0018306.JPG

次にビルの1階にある案内板。ボロボロではないですけどここも屋号は書かれず。

ん??

303だけなんか書いてある。303は今は僕が借りてるので本来はen cochiと書かれてないとダメなはずなんですが。。

聞くと前に借りてた人の屋号がそのまま残ってた様でちょっと悲しい。

ちなみに1階は今は一部屋しかないので102も存在しないんです。


R0018293.JPG

で、まあとにかくきれいにするということで、屋号のデータをもらって僕が切り抜くということになったんですが、まずは1階「gallery 月夜と少年」から。

データを反転させてメラニン板の裏側に貼っていきます。

なぜだかわかりますか?完成後貼った紙をとる時に傷がついても大丈夫なようにですね。


R0018297.JPG

この「gallery 月夜と少年」の文字、一見普通に見えるんですが、拡大するとかなり細かいギザギザなんです。

これはわざとこうしてるようなので、切り抜くときもこれば残していかないといけないわけです。

相当細いところもあって気が抜けません。


R0018305.JPG

とりあえず昨日できたものです。どうでしょう?やっぱり立体になるといい感じですよね。

これを看板の表・裏と案内板の1店舗につき3セット。

それが6店舗。おぉ、なかなかの量です。


R0018302.JPG

文字を分解するとなんか変な感じ。




encochiをフォローしましょう